アトリエVENUS 2月の予定

アトリエVENUS 2月の予定です。

2/1〜28 月曜〜土曜 10:30〜19:30
日曜 10:30〜17:30(講評会あり)

アトリエVENUSの感染対策を読んで来て下さい。

アトリエVENUSの感染対策はこちら(更新)

オンラインデッサンを2コースで選択することができます。
アトリエVENUSオンラインコースについて(詳細はこちら

オンライン課題はこちら
課題や課題以外のものを描いても構いません。
アトリエで個別作品指導を受けることができます。

見学の問い合わせなどはメールまたは☎0766-23-6167へどうぞ。

アトリエビーナス入試直前講習

各私立美術大学および国公立芸術、美術大学の入試終了まで直前実技講習を行います。
共通テスト終了後すべての入試の終了まで毎日午前10時半より午後7時半まで(日曜は午後5時半まで)開いています。
長岡造形大学、富山大学芸術文化学部の模擬試験も実施します。
詳しくはメールまたは電話でお問い合わせください。

オンラインコースについて

アトリエVENUSでは2020年6月以降オンラインコースを新設し、3つのコース選択制になりました。

Aコース  通塾コース

Bコース オンラインと通塾併用コース
月に2週アトリエにて作品制作と指導を受けることが可能です。
残り2週は1〜2作品のデッサンまたは着彩や色彩構成などをオンライン指導で受けます。

Cコース オンラインコース
月に3〜4作品のデッサンまたは着彩や色彩構成などをオンライン指導で受けます。
月に1回アトリエにて作品個別指導を受けることが可能です。

Aの通塾コースは人が密にならないようにするためある程度の定員を設けますので、Bのコースに振り分けになる場合があります。
また月途中でコース変更も可能です。
Cコースは通塾の日を事前に連絡する必要があります。
どのコースも講習費は同じです。
このコース制は感染状況の変化によっては変更する場合があります。

オンラインデッサン指導は次の方法で行います。
1 メールやLINEによるデッサン指導(添削後返送)
オンライン指導は完成作品だけでなく、途中段階で指導を受けることができます。作品を送る上での注意事項
作品のフチを切り取らずに画面ぎりぎりの大きさで、作品中央から台形にならないよう撮影する。
明暗や着彩をする前の段階と完成段階で送る。
描いているものを同じ目線の角度で撮影し送る。

描くものは自由でコップ一つでも構いません。オンライン課題から選んだり自分の力量や好みに応じて描くものを決めて下さい。(オンライン課題はこちら
色彩構成や立体構成、油彩、水彩も行えます。

ABCコースとも全ての人の添削例をみることができます。
添削指導例(一部)はこちら

2022年および現在までの合格者数

2022年および現在までの合格大学と合格者数(カッコ内は延べ人数)
◎4年制大学
金沢美大 3(163)、富山大芸文7 (164)、長岡造形大 6 (62)※、沖縄芸大  1  (5)、愛知芸大  (15)、
武蔵野美大 2 (75)、多摩美大 2 (44)、岡山県立大  (32)、静岡文芸大 (10)、
金沢大  1  (20)、信州大  2 、秋田公立美術大  (5)※、筑波大 (15)、東京芸大(2)、京都工繊大、京都市立芸大   (11)、
新潟大(14)、広島市立大  (4)、名古屋市立大 、東京造形大、大阪芸大、成安造形大、愛知産大、名古屋芸大、日本大、
女子美大、京都精華大、嵯峨美大、神戸芸工大、大阪教育大、京都教育大、京都芸大、
名古屋造形大、千葉大、山口県立大、宝塚造形大、東京学芸大、横浜国大、
金沢学院大、九州芸工大、九州産大、倉敷工科大、上越教育大、
尾道大、玉川大、大阪成蹊大、三重大、福井工業大 他
※長岡造形大は公立になってから、秋田公立美術大は4年制になってからの合格者数

◎2年制大学他
旧高岡短大(277)、女子美短大、嵯峨美短大、奈良芸短大、富山ガラス造形研究所、
会津若松短大、金城短大、桑沢デザイン、大阪市立デザイン教育研究所他
2022年3月1日現在

2021年および現在までの合格者数

2021年および現在までの合格大学と合格者数(カッコ内は延べ人数)
◎4年制大学
金沢美大 1 (160)、富山大芸文 6 (157)、長岡造形大 3 (56)※、愛知芸大 1 (15)、
武蔵野美大 2 (73)、多摩美大 1 (42)、岡山県立大 1 (32)、静岡文芸大 1 (10)、
秋田公立美術大  (5)※、筑波大 (15)、東京芸大(2)、沖縄芸大(4)、金沢大(19)、京都工繊大、京都市立芸大   (11)

新潟大(14)、広島市立大  (4)、名古屋市立大 、東京造形大、大阪芸大、成安造形大、愛知産大、名古屋芸大、日本大、
女子美大、京都精華大、嵯峨美大、神戸芸工大、大阪教育大、京都教育大、京都芸大、
名古屋造形大、千葉大、山口県立大、宝塚造形大、東京学芸大、横浜国大、
金沢学院大、信州大、九州芸工大、九州産大、倉敷工科大、上越教育大、
尾道大、玉川大、大阪成蹊大、三重大、福井工業大 他
※長岡造形大は公立になってから、秋田公立美術大は4年制になってからの合格者数

◎2年制大学他
旧高岡短大(277)、女子美短大、嵯峨美短大、奈良芸短大、富山ガラス造形研究所、
会津若松短大、金城短大、桑沢デザイン、大阪市立デザイン教育研究所他
2022年3月1日現在

オンライン課題

鉛筆デッサン課題
「カボチャ、タオル、包丁を組み合わせて描きなさい」
「カップ麺、フォーク、皿を組み合わせて描きなさい」
「お菓子の箱と中身、水の入ったコップ、紙を組み合わせて描きなさい」
「野菜、ボウル、まな板または包丁を組み合わせて描きなさい」
「トイレットパーパー3個(1個は横にする)、トイレットパーパーの包み紙を組み合わせて描きなさい」
「サンダル1足(両方)、植木鉢または水筒(フタを外して一緒に構成する)を組み合わせて描きなさい」
「はさみ、ガムテープまたはセロハンテープ(テープカッター付き)、本または雑誌を組み合わせて描きなさい」
「ガラスのビン、軍手1双(両手分)または手袋、箱を組み合わせて描きなさい」
「丸い皿、パン(食パン2枚やロールパン2個)、紙ナプキン(または紙を折ったもの)、バターナイフを組み合わせて描きなさい」
「ペットボトル、野菜またはくだもの、スプーン、ナイフを組み合わせて描きなさい」
「やかん(またはポット)、ガラスコップ、布巾を組み合わせて描きなさい」
「コップを持つ手」

色彩構成課題
「立方体4個(白、単色、面3色、自由文様)を画面上で構成して描きなさい」
「夏をイメージするものを3つ使って構成しなさい」
「トマトのモチーフ構成をしなさい」
「チューリップを構成しなさい」
「グーチョキパーのうち2つの手の形と正方形2個で構成しなさい」
重なり合っても良い。

油絵課題
「顔に片手をつけた自画像を描きなさい」
「パレットを持つ自画像を描きなさい」
「2つの手を描きなさい」
「家族を描きなさい」
「自画像」
デッサンまたは油彩、水彩

立体構成課題
「ケント紙を1枚を使って波を表現しなさい」
「相似形の幾何形態を7個使って立体構成をしなさい」
「5つの曲線で曲げた形で立体構成をしなさい」
「4つ切りケント紙1枚を5つに切った形で立体をつくり構成しなさい」
チラシなどで試しをやってみる。
「4つ切りケント紙1枚から立方体5個をつくり構成しなさい」

講習に必要な用具

講習で必要となる用具です。(アトリエで購入も可能)
•鉛筆デッサンコース(富大長岡造形大など)
鉛筆2H〜6B、ネリ消、画用紙(四切り)、カルトン小、
カッターナイフ、ガーゼ、クロッキー帳、フィクサティーフなど

•美大美術コース
鉛筆2H〜6Bまたは木炭、ネリ消、画用紙(木炭紙大)または木炭紙、
カルトン大、カッターナイフ、ガーゼ、クロッキー帳、フィクサティーフなど
油彩用具、F15キャンバスまたは水彩用具など

•美大デザインコース
鉛筆2H〜6B、ネリ消、画用紙(四切り)、カルトン小、
カッターナイフ、ガーゼ、クロッキー帳、フィクサティーフなど

色彩用具(鉛筆、消しゴム、ケント紙(四切り)、絵の具、さし、コンパス、筆、
絵皿やパレット、クロッキー帳など)
または
立体、構想用具(詳しくは申込み時)

アトリエVENUSの南イタリアイラストガイドブックが改訂版となり発売されました。

アトリエVENUSの本 南イタリア イラストガイドブックが改訂版となりメイツ出版より発売されました。

イタリアの観光地だけでなく、美術館の情報もイラストで紹介してありますから見て下さい。

「南イタリア イラストガイドブック 改訂版」
–地中海の光に輝く世界遺産の街をめぐる旅–

青木 タミオ著, 中橋 恵著,ツジイユキエほか画
1848円 メイツ出版
ISBNコード 978-4-7804-2314-3 C2026
【アマゾンで購入】

 

 

 

以前から発売中の本↓

「ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア イラストガイドブック」
–美しきイタリアの古都をめぐる旅 改訂新版–

青木タミオ著 イシウラキョウコ画
1760円 メイツ出版
ISBN-13:9784780420920
【アマゾンで購入】

アトリエVENUSの感染対策について

感染対策(重要)

過去2週間以内に家族も含めて体調に少しでも異常がある場合はアトリエに来ない。(2週間以内に会った親戚や知り合いが体調不良の場合も同じ)
食事中以外はマスクを着用する。
アトリエに到着してすぐ手洗いを行う。
となりとの席を1m以上空けて描く。
人と話すときはマスクを着用し1m以上離れて話す。
トイレなどのドアノブを触ったらすぐ手洗いを行う。
トイレ後手洗い用タオルかハンカチを持ってくる。
消毒ティッシュか濡れティッシュを持参する。
自分のもの以外は触らないようにする。
机など触らざるを得ないものは濡れティッシュなどで丁寧に拭く。
公共交通機関を利用する場合手すりやボタンなどを触ったらすぐ拭き取る。
公共交通機関で人が多く1m以上距離を取れない場合は乗らない。
帰宅したら手洗いを行う。

講師は1m離れたところから口頭で指導を行う。
生徒の用具類は触らない。
アトリエ内の空調エアコンは換気機能付きなのでドアや窓を閉めたまま
換気冷房または換気暖房を行う。